安垣塗料 株式会社

塗料販売・卸(建築用塗料・車両用塗料・工業用塗料)、外壁などの塗装工事、防水工事、塗り替え診断

HOME»  塗装の工程・技術

塗装の工程・技術

塗装の工程・技術

旧塗装

 

旧塗装

 

吹付けタイルの場合
(複層仕上げ塗装E)

 

   

1.旧塗装のパターンを生かす場合

 

2.新しくローラー波模様に仕上げる場合

 

 

下塗り

 

下塗り

(エラスティックフィラーをシーラーとして塗布)

 

下塗り

(エラスティックフィラーでシーラー兼パターン付け)

 

 

上塗り塗料の種類

種類と特徴 1.超耐候・非汚染性仕上げ
「ビルロック」
水性シリコンウレタン樹脂塗料
2.超耐候・低汚染性仕上げ
「シリコマックス」
水性アクリルシリコン樹脂塗料
3.高耐候・低汚染性仕上げ
「ビニロックウレタン」
水性1液架橋ウレタン樹脂塗料
4.高光沢仕上げ
「ユニロックハイグロス」
高光沢アクリルエマルション樹脂塗料
耐用年数の目安 13~15年 10~12年 7~9年 4~6年

 

上塗り

 

上塗り

 

上塗り

 

 

施工事例へ

 

共通工程(素地調整)

工程 内容
下地調整および下塗り エフロレッセンス、レイタンス、ゴミ、汚れなどをワイヤーブラシ等で、完全に除去し、高圧洗浄を行い清掃な面とする。よく乾燥させ含水率10%以下、ph9.5以下になってから塗装を行う。
旧塗膜の浮き、はがれ、白亜化した部分は、皮スキ、ワイヤーブラシ等のケレン具で完全に除去する。
上塗り 051-1003ロック防藻・防カビ処理剤を塗布する。
次の工程の塗装を行うまでは、2時間以上間隔をとる。(20℃の場合)

 

下塗り(中塗り)工程  1.旧塗膜のパターンを生かした仕上げ

工程 使用塗料 塗回数 希釈剤 希釈率
(%)
標準塗附
(㎏/㎡・回)
塗層間隔(20℃)
下地調整および下塗り 032-2105
ビニロックエラスティックフィラー
1 (シーラーとして)
ローラー 2~5
エアレススプレー 5~10
0.5~1.0 4時間以上
上塗り 各種水生上塗り塗料※ 2~3        

 

下塗り(中塗り)工程  2.旧塗膜のパターンを生かした仕上げ

工程 使用塗料 塗回数 希釈剤 希釈率
(%)
標準塗附
(㎏/㎡・回)
塗層間隔
(20℃)
下地調整および下塗り 032-2105
ビニロックエラスティックフィラー
1 砂骨ローラー 0~2 0.7~1.5 4時間以上
上塗り 各種水生上塗り塗料※ 2~3        

 

上塗り塗装工程

種類 使用塗料 塗回数 希釈剤 希釈率
(%)
標準塗附
(㎏/㎡・回)
塗層間隔
(20℃)
水性ウレタン
樹脂塗料
111ライン
ビルロック
2~3 ローラー 5~10
エアレススプレー 10~20
0.11~0.14 2時間以上
水生アクリルシリコン樹脂塗料 070ライン
シリコマックス
2~3 ローラー 5~10
エアレススプレー 10~20
0.11~0.14 2時間以上
水性1ウレタン
樹脂塗料
108ライン
ビニロックウレタン
2~3 ローラー 5~10
エアレススプレー 10~20
0.11~0.14 3時間以上
高光沢アクリル
エマルション樹脂塗料
072ライン
ユニロックハイグロス
2~3 ローラー 5~10
エアレススプレー 20~30
0.11~0.14 2時間以上